かさしまでたべる

かさしまの海藻

かさしまと言えば、すべて天然の海藻。
100年以上も前から愛されてきました。
少量しか採れないので、市場にはあまり出回りません。
(出回っても高い!)
いままでの海藻の常識をくつがえすその味を、
ぜひ、かさしまで味わってみてください。

海辺のキッチン倶楽部「もく」

もぞく

かさしまでは、
「もずく」ではなく「もぞく」。

いちばんの特長は、その歯ごたえで、
噛むとシャキシャキ音がする。
それぐらいでないと、
かさしまの「もぞく」とは言えません。
昔ながらの甘辛いみそだれでも、
ポン酢でも、
特性辛子でも、かけるのは
必ず食べる直前に!
日本中どこをさがしても、
こんな「もぞく」はないはずです。

おいしい季節

7月中旬〜

おいしい食べ方

そのまま/みそ汁

岩のり

江戸時代から有名だった、
かさしまの「岩のり」。

肉厚で、噛みごたえがすごいんです。
天然ものを手摘みして、
型にいれて天日干しまで、
いまでもすべて手作業でつくられます。
海の香りと風味が
ものすごく強い「岩のり」は
1枚300円以上もする高級品です。

おいしい季節

1月ごろ

おいしい食べ方

塩むすび/お雑煮

えご

もぞく同様、収穫量は
その年ごとに変わります。

かさしまのえごは、
出汁とお醤油とお砂糖で味付けして、
仕上げに炒った胡桃や
落花生を砕いてのせます。
ちなみにこの胡桃、
山から川を伝って海に流れついたものを、
海岸で拾うのがかさしま流。
めずらしい味付きえご、ぜひ一度お試しを。

おいしい季節

7月下旬〜

おいしい食べ方

味付けえご

わかめ

お味噌汁や酢のものなど、
日本人に最もなじみ深い
海藻のひとつであるわかめ。

そんなわかめも、かさしまなら、
ひと味ちがうおいしさを
楽しむことができます。
特に、とれたてのめかぶは、
「この世のものとは思えない」と
言う人がいるほど
よそでは味わえない絶品です。

おいしい季節

5月中旬〜

おいしい食べ方

焼きめかぶ/酢のもの

あわび・さざえ

海藻が豊富なかさしまでは、
それを食べて育つ貝類も
よくとれます。

特に、栄養をたっぷりとった
さざえやあわびは、
形も大きさも一級品。
最近まで、海女さんたちが
収穫していたというところも、
かさしまならではのポイントです。

海辺のキッチン倶楽部「もく」

かさしまの海藻料理と、
おいしいコーヒーやスイーツが楽しめる、
築110年の蔵を改装した小さなお店です。
笠島満喫ランチや味付えごなど、
かさしまならではの味覚を味わえます。
併設の、蔵ギャラリーMOKUでは、
かさしまの歴史や伝統も楽しめます。

営業
 【金土日の10時〜16時】
駐車場
 【あり/普通車3台】
電話番号
 【0257-31-1023】

WEBサイトはこちら